古民家 萬五郎

古民家であじわう
味噌、醤油造りは、公民館でもなく、コミセンでもなく、築170年の古民家で行うことこそ、そのプロセスまるごとを最大限に愉しむことになります。
この味噌や醤油造りに、先生と呼ばれる、味噌屋さんとかプロの講師の方は一切呼びません。
萬五郎の地元の「お年より」をお招きしたり、醤油絞りを生き甲斐にしている麹屋さんに教えていただきます。
米沢の山あいならではの暮らしの中での食。
つまり、「生きる」ということの本質を継承するためです。
これが私たちの古民家である意味と、萬五郎を生かす為に考える「継承」と「再生」の一つです。

The "Mangoro"?

布施

布施=会費。  会費を収めることでどなたでもご利用いただけます。

寄席

寄席=イベント。 古民家ならではの、古民家でしかできない、古民家だからこその各種イベント開催しています。

語部

語部=昔ばなし。 むかーし昔のごどだど~・・・

Mangoro Blog―管理人日記

継承と再生

餅を突いて食らう

餅を突いて食らう

古来から日本では、稲作信仰というものがあり、特に平安時代から朝廷に推奨され顕著になった。これが現在でも受け継がれ、米などの稲系のもので作った餅が簡便で作りやすく加工しやすいことと相俟って、多様なつき餅の食文化を形成し、正月などのハレの日の行事には欠かせない縁起物の食材となっている。

味噌を仕込む

味噌を仕込む

日本の味噌の原型は歴史が古く、縄文時代から製塩が行われ、醤などの塩蔵食品が作られていたと見られる。縄文時代後期から弥生時代にかけて遺跡から穀物を塩蔵していた形跡が見つかっており、古墳時代からは麹発酵の技術を加えたものとなった。

民謡

民謡

日本民謡は、古代から続く伝統的な歌唱曲の総称で、大部分は歌のみで楽器は加わらない。日本語の発声、韻から生まれたもので日本固有の音楽の原点といえる。現存する民謡は、およそ58,000曲。

伝統の継承と再生の場「古民家萬五郎」とは。

この170年もの歴史ある古民家を、その歴史と時間を丸ごと引き受けて、生かしていく。
こんなゾクゾクするような最高の遊び(学び)ができる。
それがここ「古民家萬五郎」。

萬五郎でやりたいこと。
それは「継承」と「再生」という本気の遊び(学び)。
この遊び(学び)を本気でみんなで愉しみたい。

古民家萬五郎
〒992-1583 山形県米沢市入田沢211
電話:なし
wEB:http://mangoro.life/
E-Mail:info@mangoro.life